幼児教育の重要性とは

###Site Name###

子供の時代は、せめて遊ばせてあげたいというのが親としての本音です。

しかし、むしろ幼少時代こそ、いずれ社会に出る子供たちに最低限の能力を教える大切な期間です。

幼児教育は、基本的には就学前の幼児に語学や、計算、文章読解、コミュニケーション能力などを教育していくものです。



方針としては、小学校に上がる準備、及び、社会に出てから通用するような人間を作り上げることになります。
英語は、今や小学校から学ぶ時代となりました。

語学において大事なのは、単なる知識力ではありません。
あくまでそのスキルを活かし、他者とコミュニケーションを取ることにあります。
反面、現代の子供たちはインターネットやSNSの普及により、他人と交わる能力が低下しているのが現状です。
幼児教育では、教室で同年代の子供たちと触れ合わせることで、自分ひとりではなく、皆で協力して困難にぶつかる基礎体力も養います。

親たちにとっても、早くから同年代の子を持つ人同士で知り合いになれ、頼もしいコミュニティを築く事ができます。



受験戦争時代は、生徒全員がライバルでしたが、近年ではむしろこうした全員が友達であり、協力する相手というスクールが増加しました。幼児教育によって、昔は当たり前にできていた友達作りや、見知らぬ人との関係を教えてあげなくてはいけないほど、現代の子供たちが追い詰められている裏返しとも言えるでしょう。


また、幼児教育は、子供の才能を発芽させ、早くから将来への目標を持たせることにも重要な役割を担っています。