赤ちゃんが泣く時には抱き方を気をつける

###Site Name###

赤ちゃんは泣くことが仕事のようなものでもありますが、親としてもそれがわかっていてもなかなか受け入れることが出来ないものです。泣くことがあってもすぐに泣き止んでくれればいいですが、いつまでも泣き止んでくれなければ、途方に暮れてしまうようになるでしょう。

何で泣いているのか本人に聞いても教えてくれるはずもありませんので、どうしたらいいのか困り果ててしまうはずです。



赤ちゃんを抱いてでもあやしても泣き止まないのであれば、原因を考えてみましょう。



おむつが濡れていないか、汗をかいていないか、お腹がすいていないか一通り確認しても泣き止まないのであれば、もしかすると態勢が難しくて泣いている可能性があります。



布団に寝かせていると体がまっすぐになっている状態になりますが、これが赤ちゃんにとってはしんどい態勢になっている可能性があり、泣くことにつながっています。
体がまっすぐになっているのが楽な態勢だと思いますが、うまれたばかりの赤ちゃんにとっては難しい態勢でもあるのです。理想的な形としては、体がCの形を描くように少し丸まった状態が落ち着く態勢になります。

この形は母親のおなかの中にいる時にとっていた態勢ですので、とても落ち着く状態なのです。
そのため、抱っこをする時には、まっすぐに抱こうとするのではなく、呼吸が苦しくないように気をつけながらおしりが落ちたような状態で体がまるまるように抱いてあげるといいでしょう。